COLUMN

コラム

印刷方法の選択

皆さんは印刷物ができるまでの工程、方法についてどの程度ご存じでしょうか。

単に「印刷」といってもその方法には様々な方法があります。

昨今、ネットプリントの普及、流行に伴って、

私たち「営業」というセクションが存在しない印刷会社も多々、存在しています。

しかし、印刷物が出来上がるまでには、たくさんの選択があり、

そのどれもが重要な選択です。

用紙の種類、用紙の厚み、形状、特殊加工、梱包方法など、

どれも安易に選択し進めてしまうと

イメージと違ったものができたり、事故品となってしまうケースもあります。

その中でも「印刷方法」を選択するというのは、とても基本的な選択のひとつです。

今回は「オンデマンド印刷」と「オフセット印刷」の違いについてご説明します。

オフセット印刷とは現代の印刷方式の中でも最も一般的な

平版印刷の一種とされており、世界中に供給されている商業印刷機の多くを占めています。オフセット印刷はトナーではなくインキを使用し印刷するため、

インクジェットプリンターや、レーザープリンターなどと比べ

遥かに仕上がりが精細かつ綺麗に印刷することができます。

また印刷部数が多い場合は、サイズの小さな用紙に1枚ずつ印刷されるオンデマンド印刷よりも素早く仕上げることができ、大量に印刷すればするほど1枚あたりのコストを抑えられるというメリットがあります。

一方でオンデマンド印刷は、少ない枚数で印刷をする場合に適しています。

オフセット印刷は入稿データから刷版プレートという4C(CMYK)の

アルミ製の版を出力し、

印刷機にセットし、色味が安定するまでの間、機械を稼働させる必要があるのに対し、

オンデマンド印刷は、それらの工程を一気に飛ばして、

データを直接、印刷機に転送すれば、すぐに印刷されるため、

短期間で印刷物が仕上がります。

また「On Demand」というその言葉通り、「欲求に応じて」印刷が可能です。

A4チラシで例えた場合、50枚だけ、100枚だけをすぐに印刷したいという場合にはオンデマンド印刷が適しています。

お客様からのご依頼を受け、お話をお伺いした後、

これらの特徴を生かし、どちらの印刷方法が最適か選択する、選択して頂くことが

我々のお仕事だと思っています。

確実に、よりよい印刷物を手に入れるために、

是非、最適な「選択」をしていただきたいと思っています。