印刷のこだわり

DTPから印刷まで。
製版の時代から培われた技術を現在に活かす。

印刷物が仕上がるまでにはいくつかの工程があります。
過去、製版という1工程を務めていたネオライトは、印刷における工程の一つ一つの意味や重要性をよく知っています。
その頃に培った技術とスピードが、他社に負けない高い印刷品質と一貫体制を可能にするネオライトの実力です。

DTP WORKS 印刷前工程

印刷の善し悪しを決める
重要な工程

DTPとは、画像補正や組版など、印刷工程の縁の下となる非常に重要な工程です。
印刷の仕上がりに関わる部分が"この工程の良し悪しで決まる"といっても過言ではありません。
例えば印刷物の仕上がりは内容によって、女性の肌はより美しく、食品はより美味しく見えることが求められます。ネオライトはこれまで、スーパーのチラシや飲食店のメニュー、ブライダルカタログや製品カタログなど、幅広いジャンルの印刷物を扱ってきた経験があります。そのため、その紙面の内容を踏まえて、求められる仕上がりに対応できるノウハウが十分にあります。確かな技術と豊富な経験が価値のある印刷物を生み出します。

PRINTING 印刷工程

熟練の技が美しい印刷物を
生み出します。

プリプレスの工程で製造された版を印刷機にセットし、印刷開始です。
1時間に約15000回もの高速回転する機械に紙を通し、「機長」とよばれるオペレーターが刷られていく印刷物をその目で確認していきます。イメージどおりの色に仕上がっているか、紙面に汚れはないかなど、まさに目が離せない作業が行われます。

印刷会社には保有する印刷機によりそれぞれ得意とする印刷物があります。ネオライトは"ベビー"と呼ばれるオフセット印刷機(菊半才枚葉機)を数台所有しており、チラシやカタログ、販促ツールといったビジネス向けの商業印刷物を多く扱っています。

納品について

それぞれのお客様に
それぞれの納品形態で

ネオライトが発送業務において大切にしていることは、真心です。スピードはもとより、梱包作業が丁寧であることは、印刷物がお客様のもとに届いて開封される瞬間を喜んでいただきたいから。印刷物のサイズに合わせた箱選びからアッセンブルまで、その印刷物が利用されるシーンを考慮し、ベストな方法で発送準備をいたします。

納品形態についてご相談ください。
一括納品から個別発送、分納まで、お客様のご都合に合わせた納品形態でご対応させていただきます。